スタッフルーム


NT−3のお部屋へようこそ。

NT−3のお部屋 NT−3のお部屋だったらいいな

注意:上の写真は、NT−3のお部屋とはあまり関係がないようです。

これがNT−3の仕事部屋だっ!!

 2000年5月、ついに念願の音響室が完成。外部に音が漏れないように防音設備を有し、内装はグラスウールを埋め込んで吸音処理を施した。

 これで夜中だろうがなんだろうが、爆音で音を出しても平気。さらばエチケット音量、さらばヘッドフォン!

 この音響室はNT−3の部屋の内部に存在するため、部屋の中にもうひとつ部屋がある形になり、通称「隠し部屋」と呼ばれている。
 なお、登記上は納戸になっているらしい。

機材紹介

2014年8月現在・・・2011年ごろの機材はこちら 2000年ごろの機材はこちら

PC
Dell Inspiron 580
 →メインPC。いまのところ満足してます。
PC-9821V12
 →レコンポーザ専用。作曲するときはこっちで。

シーケンサ
SONAR X2 Producer
レコンポーザ98 Ver2.5F with R-AID自作マクロ

鍵盤
Roland PC-180
 →オルガンのグリッサンドがやりやすい

モニタ環境
YAMAHA HS5(スピーカー)
SONY MDR-CD900ST(ヘッドフォン)



長年使ってきたNS-10M STUDIOとオサラバしてHS5にしました。
やはり音が低音に集まり気味。慣れかもしれませんが。
ハード音源
Roland SC-88Pro

ソフト音源
D-Proをメインにしつついろいろ。

インターフェース
Roland OCTA-CAPTURE(Audio & MIDI)
TASCAM MM-200(MIDIパッチベイ機能のみ使用)


作曲時に使う88Pro以外のハード音源を全て処分。
もうオールソフトでいいでしょう。
そうするとミキサーもいらないので処分。
OCTA-CAPTUREが実質8chミキサーとして使えるので全く
問題なし。おかげで無駄にWiiUとかが繋がっている。
ラックもスカスカになったのでPC-98も入ってしまったがまだ
余っている。
一番ゴツイMM-200もミキサーとしては全く使って無くて、
MIDIパッチベイのみ。それも88ProとMIDIキーボードへの接続を
WinPCとPC-98で切り換えるためだけに残っている。

時代は変わったなぁ・・・。


戻る